2011年12月16日

4年ぶりの快挙なるか!? 最終回平均30%超えが見えてきた『家政婦のミタ』の快進撃!!

 女優・松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が快進撃を続けている。14日に放送された第10話では、直前のサッカー『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011』の影響で35分遅れのスタートだったにもかかわらず、平均視聴率28.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。これで、第5話から6話連続の20%オーバーとなり、最終回での「30%超え」に期待がかかってきた。

「『ミタ』の特徴は、なんといっても回を重ねるごとに視聴率が急上昇していることです。テレビドラマの世界では、初回の視聴率が一番高いというのが常識なんです。ドラマファンは、とりあえず1話目を見てから、そのドラマを見続けるかどうか決める。『ミタ』のように後伸びする作品には、ドラマファンだけでなく、普段ドラマを見ない一般層まで広く訴求する力があるということ。派手な広告やスターシステムに頼らなくても、作品が面白ければ視聴者はついてくるということですよ」(ドラマライター)

 確かに、今クールでも『南極大陸』(TBS系)、『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)、『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)など、1話目が最も視聴率の高い作品ばかり。『ミタ』は初回こそ19.5%で『南極大陸』の後塵を拝したが、その後逆転。現在では10ポイント前後の差をつけて独走状態に入っている。

「もし最終回で30%を超えれば、2007年の『華麗なる一族』(TBS系、30.4%)以来、連続ドラマの単話では4年ぶりの快挙となります。ここ10年でも『GOOD LUCK!!』(TBS系)や『白い巨塔 第二部』(フジテレビ系)など、30%という記録は数えるほどしか出ていない。社会現象となった『JIN-仁-』(TBS系)でさえ、2クールでの最高は26.1%。『ミタ』がいかに突出した作品かが分かりますよ」

 21日に放送される最終回、そのストーリーだけではなく、数字にも注目が集まりそうだ。家政婦のミタ エピソード・ゼロ
posted by shou311 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

「元カレ、SMAP中居への当てつけ!?」紅白前に電撃結婚を発表した倖田來未!!

!! 師走の芸能界にビッグニュースが飛び込んできた。浜崎あゆみと並ぶ大手レコード会社・エイベックスの2トップである歌手の倖田來未が、13日深夜に4人組ロックバンド「BACK-ON」のギター&ボーカル・KENJI03(ケンジスリー)と電撃結婚を発表したのだ。

「締め切りも終わってひと息ついた午前0時過ぎに、エイベックスから各社に発表があった。あまりにも急だったため、デキちゃった結婚かと思われたがそれもないようだ。ほかに考えられるのは、交際を13日以降に発売する週刊誌・女性誌・写真誌のいずれかにすっぱ抜かれたために発表したとしか考えられない」(スポーツ紙デスク)

 各スポーツ紙によると、倖田が8月に発売したシングル「4 TIMES」の制作にKENJI03が参加したのがきっかけで交際に発展。交際わずか4カ月での結婚となり、年内に婚姻届を提出するというのだが、「先月発売の『女性セブン』(小学館)によると、倖田の誕生日である11月13日の3日前、都心にある鉄板焼き店のカップルシートで倖田が中村獅童似の渋い男性とデートしていたことが報じられた。また、夏ごろから家賃が月100万円以上の新居でその男性と一緒にいる倖田の姿が頻繁に目撃されていたというが、おそらく、KENJI03だったと思われる」(週刊誌記者)というから、破局・復縁が繰り返し報道されていたSMAPの中居正広とはすっかり縁が切れていたようだ。

「2007年8月に一部スポーツ紙が中居と倖田の交際をすっぱ抜き、その後、写真誌で2ショットなどが報じられたが、結局、まったく結婚する気がない中居に倖田のほうが愛想を尽かしたようだ。それでなくても、中居は以前、交際が報じられたフリーターの女性と倖田の二股をかけていて、自宅とは別にそれぞれとの密会用にマンションを借りていたようだ」(女性誌記者)

 今年に入ってからは音楽番組を中心に中居と倖田の共演が相次いでいたが、「本格的に破局していたので、共演すること自体はまったく問題がなかった」(同)というが、このタイミングでの結婚発表は中居への当てつけにほかならないという。

「すでに紅白の出場歌手が発表され、中居も倖田も出演するし、会場では何かとニアミスするだろう。倖田はおそらく、紅白の直前に婚姻届を提出し、話題をかっさらうつもりだろう。中居にとっては居心地の悪い紅白となりそうだが、倖田にしたら、結婚に前向きでなかった中居への当てつけだろう」(レコード会社関係者)

 かつては「羊水が腐る」発言で謝罪に追い込まれ、支持層である女性人気がガタ落ちとなった倖田だが、格下男との結婚で人気回復を図ることができるだろうか。

赤ちゃんの件は、、、
posted by shou311 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

倖田來未がホレて電撃結婚 「KENJI03」はこんな人!!

 2011年12月13日、歌手の倖田來未さん(29)が、ロックバンド「BACK-ON(バックオン)」のKENJI03(ケンジスリー)さん(27)との電撃結婚を発表した。

 あまり聞きなれないお相手の名前にネットでは「誰?」との声が多数上がり、「BACK−ON」の公式サイトは早々にダウンした。「エロかっこいい」歌姫を射止めたKENJI03さんとは一体何者なのか?

■楽曲提供のお願いがきっかけ

 「29ちゃい 倖田来未!!  結婚することになりましたっっっ!!   お相手はBACK-ONのKENJI03さんです。彼とは、私が彼らの楽曲に惹かれ、楽曲提供をお願いしたことが知り合うきっかけとなり…。まぁ、私がホレてもたのであります」(原文ママ)

と、ファンに向けメッセージを送った倖田さんだが、発表されるやいなや「KENJI03って誰?」とネットを中心に話題になった。

 KENJI03さんは1984年、東京都足立区出身の27歳。2002年に幼なじみを中心に結成された4人組のバンド「BACK-ON」で、ボーカル、MC、ギターを担当している。「GReeeeN」などとのコラボユニットを結成したこともあり、その活動は国内にとどまらず、アメリカや台湾カナダなどでもライブを行っているという。公式サイトによれば、海外のライブでは毎回約3000人を動員するという人気バンドなのだ。

■「宇宙一パンチの効いた夫婦を目指します」

 一方、日本でもコアな音楽ファンからの評価は高い。ネットなどでは

  「日本のミクスチャーでもっとも実力のあるグループの一つだと思います」
  「もっとBACK-ONは評価されてもいいと思う」
  「あまり注目されてないのがすごい残念ですが、BACK-ONは売れるべきバンドだと思います!! 

と、彼らの音楽を支持する声は多数見られる。

 アグレッシブなパフォーマンスが国内外で評価されている「BACK-ON」だけに、KENJI03さんは、結婚の喜びを「宇宙一パンチの効いた夫婦を目指しいきたいと思います」と、ロックバンドらしい言葉で発表している。
こちら、、
posted by shou311 at 00:00| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする